対応疾患

五十肩・四十肩

五十肩・四十肩

このようなお悩みございませんか?

  • 安静にしていても痛みがある
  • 肩を上げようとすると激痛が走る
  • 痛み止めを飲んでも変わらない
  • 着替えの動作で痛みが出てしまう
  • 手が背中に回らない
  • 腕が上に挙がらない
  • 朝起き上がるときの肩痛が辛い
  • 一生肩があがらなかったらと思うと不安

五十肩・四十肩の原因

マッサージや鍼、整体、薬、電気療法を受けても改善しない。
病院や整骨院に通ったが改善しない。
何回か治療したりすれば、一時的に症状がよくなることはよくあることです。
しかし長続きせず再発に悩んでいませんか?
それはあなたの根本の問題がよくなっていないからなんです。
痛みを起こしている原因はいくつかありますが、
その根本原因は長年の様々な癖にあります。

四十肩・五十肩は、名称の通り40〜50歳代を中心に多発します。
医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれており、肩関節周囲の筋肉・靭帯・関節包・滑液包などの組織が炎症を起こしている状態になります。
肩関節周囲の強い痛みと動かせる可動域が減少してしまうと以下のような症状が出てきます。

  • 背中を腕に回す動作がつらい
  • 日常生活の動作がつらい
  • 夜間痛(睡眠時にズキズキと肩が痛む)がひどい

このように、寝ていても起きていても辛い状況の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
基本的には以下のような順序で改善をしてきます。

  1. 炎症期(痛みが強い時期)
  2. 拘縮期(動きが硬く、可動域が減少する時期)
  3. 回復期

ですが、正しい対処法・施術などのアプローチを行わないと、痛みが残ってしまったり、肩が上がらなくなってしまうという後遺症が残る可能性もあるのです。

五十肩・四十肩の改善法

基本的には3つの段階を経て改善をおこないます。

凍結進行期

痛みが急に生じるようになり、動作時にも痛みが生じることから運動が制限されてしまいます。
夜間の痛みも出現し徐々に可動域の制限が進行していきます。

凍結期

さらに可動域制限は進行し、肩関節の動きはあらゆる方向に制限されます。
痛みは少しずつ軽快していきます。

解凍期

可動域制限が改善し、症状も軽快します。

四十肩や五十肩などの肩関節周囲炎で重要なことは「体の状態」と「根本的な原因」の双方にアプローチをかけることです。
「体の状態」に対しては、骨格筋・筋膜・軟部組織の緊張を和らげて回復を促します。
さらに背骨や骨盤の歪みに対して調整をかけて正確な位置に優しく戻していきます。
そして神経や血管、内臓の状態も把握して、普段の姿勢・呼吸状態・自律神経の状態など、トータル的にアプローチをかけて確実な症状改善へと導いていきます。
どの施術方法も痛みが出ないよう優しく行いますのでご安心ください。
また、運動療法や栄養指導などを交えて根本原因にも対応し、一人ひとりに寄り添った指導をさせていだくことで四十肩・五十肩を再発をさせない根本的な症状改善へと導きます。
原因部分でも先述しましたが肩関節周囲炎は、放置をしておくと痛みが残ってしまうだけでなく、肩関節の可動域が減少し、肩が硬くなり上がらなくなってしまいます。
時間が経てば経つほどリハビリ期間が長くなってしまいますので、早めのご来院をお勧めいたします。
ですが時間がたってしまい諦めようとしている方も、まだまだ諦める必要はありません。
当院で一緒に原因を突き止めて徹底的に改善していきましょう。

初回限定体験コース

12/30まで 3,980円(税込)